【利用シーンが多いsimカード】購入から入れ替え、そして使用するまでの流れを一挙ご紹介します!

【利用シーンが多いsimカード】購入から入れ替え、そして使用するまでの流れを一挙ご紹介します!

生活のありとあらゆる場面で活躍するスマホですが、ちょっとネックになるのが毎月のスマホ料金の高さ…という方も多いのではないでしょうか。
スマホやインターネットは快適な暮らしを送る上で絶対に欠かせないものですが、出来れば今よりも安く使いたいというのが本音でもあります。
そこで注目を浴びているのが、従来のスマホ契約よりも利用料金を安く抑えられると言われる格安の「simカード」の活用です。
今回は最近話題になることが多いsimカードに着目して、「simカードの利用シーン」や「購入から入れ替え、そして使用までの主な流れ」について
一挙ご紹介します。
これからはじめてsimカードを購入しようかという方は、ぜひこちらの内容をご参考ください。
 
 
便利なsimカードの様々な利用シーンってどんな時?
プリペイドsimカードや格安simカードを購入すると、スマホやタブレットなどの端末に元々挿し込まれているsimカードを抜いて、
新しく入れ替える必要があるため、「インターネットが使えるまでに時間がかかるのでは?」「設定が難しいのでは?」と
不安になり利用を躊躇されている方もいるようです。
とはいえ、simカードの入れ替え作業はとても簡単ですし、細かく難しい作業は必要ないことから、端末側の設定に少し手を加えるだけで
誰でも簡単にインターネット回線につなげられるようになります。
一度設定を覚えてしまえば、日本国内で販売されている特性もさまざまなsimカードを自由に使いこなすことができますし、
海外旅行に行った先でsimカードを購入して入れ替えれば簡単に海外のインターネット回線を利用できるようになります。
以下ではまず、便利なsimカードを何時どんなときに使おうかと悩んでいる方に向けて、simカードの様々な利用シーンについていくつかご紹介します。
 
海外旅行や一時帰国をするとき
普段使っている一般的なsimカードの他、使いたい期間分だけの料金を前払いしてインターネット回線が使えるプリペイドタイプのsimカードも
多数販売されています。
こういったsimカードは、短期間で利用するようなときに非常に便利なことから、「海外旅行」や日本へ「一時帰国」するときなどにも最適です。
特に、海外旅行先では言葉の壁や土地勘のない環境では、スマホやインターネットがあるとないとでは全く違います。
現地で快適なネット環境を築くためにも、あらかじめ海外で使えるsimカードを購入しておけば非常に安心です。
また、日本国内で使える国内用simカードは、海外在住の方が日本へ一時帰国されるときにも便利です。
海外で購入されたスマホやタブレットなどの端末は、基本的にsimロックがされていないsimフリーの端末であることから、
その端末に国内用simカードを挿すだけで簡単にインターネットにつなげることができます。
プリペイドsimカードであれば、事前審査もないですし、クレジットカードなどを用意することなく前払いで支払いを済ませておけることから、
日本に暮らしている方が海外から一時帰国する家族や友人のために購入しておくといった使い方もおすすめです。
 
スマホを2台持ちするようなとき
いまお持ちのスマホのほか、「2代目のスマホを持ちたい」というときにも格安simカードやプリペイド型simカードのご利用をおすすめします。
一台目は従来のように、携帯電話キャリアとスマホ契約をしてプライベートとして使い、2台目は仕事用で別途simカードを購入して使うといった方法もあります。
スマホやタブレットなどの端末を2台持ちするときには、一方のデータ通信料金は安く抑えたいという場合が多いため、そういった時には
予め料金を前払いして追加料金がかからないプリペイド型simカードや、月額2~3千円ほどで利用できる格安simカードを購入するようにします。
 
前払いした料金以外の追加料金を発生させたくないとき
以前に使っていたスマホ端末やタブレット端末を自分以外、例えば初めてスマホを持つ方が試しに使ってみようといったときにsimカードはおすすめです。
中でも、事前に前払いをしておけるプリペイド型simカードであれば、それ以上に追加料金が発生する心配なく手軽にインターネットを使えるようになります。
また、万が一途中でやっぱり不便だと感じたときには期間内で解約、もしくは使わなくなっても解約手数料などがかからないので安心です。
格安simカードの中には、従来の携帯電話キャリアと同様に縛りが発生するような契約プランもあるため、
初期費用や解約手数料などをよく確認しておく必要があります。
プリペイド型simカードであれば基本的に初期費用や解約手数料などをかけることなく、自由に使い始められて、自由に解約することができるためおすすめです。
 
月々のスマホ料金を抑えたいというとき
MVNO事業者から販売されているsimカードは、大手通信キャリアの利用料金よりも安く抑えられることが大きな魅力です。
特に、毎月のスマホ料金が高くて悩んでいる方にとって、格安のsimカードに切り替えただけで月々の利用料金が数千円も安くなれば
それに越したことはありません。
格安と呼ばれるsimカードには、7日間や数週間、長いときには30日間使えるsimカードなどもありますが、30日間のsimカードを購入したとしても
月に2~3千円ほどに利用料金を安く抑えられるケースが多々あります。
プリペイド型の格安simカードを購入すれば、初期費用や解約手数料なども必要なく、いつでも始められて、
必要なければ途中で利用しなくなっても問題ありません。
大手通信キャリアと契約した場合は、2年ほどの契約の縛りが発生します。
そのため、途中解約をした場合には違約金がかかってしまうので、トータルでみても格安simカードを利用したほうがコストを安く抑えることができるでしょう。
 
電話回線を使った音声通話が必要ないとき
今では、チャットや音声通話、テレビ通話ができる便利なスマホアプリが多く登場していることもあり、
以前よりも格段と「電話回線を使った音声通話をしなくなった」という方が増えているのではないでしょうか。
例えば、携帯を2台持ちする方にとっては、どちらか一方だけ電話回線を使った音声通話ができれば良いと考えるでしょう。
そういった時こそ便利に活用したいのが、データ通信用のsimカードです。
データ通信用simカードは、その名のとおりデータ通信に特化したsimカードであり、
データ通信以外の音声通話やSMS(ショートメッセージ)を使うことはできません。
simカードの中には、データ通信以外の機能をプラスしたSMS付データ通信用simカードや、
電話回線を使った音声通話とデータ通信のどちらも使えるsimカードもあります。
ただし、電話回線を使えるsimカードの場合は、利用者の本人確認書類や支払いのためにクレジットカードが必要になる、
利用を行うために事前審査が必要になるため、「気軽にsimカードを使いたい」、「電話回線を使った音声通話は必要ない」という方には
データ通信用のプリペイドsimカードのご利用をおすすめします。


pocket wifi ญี่ปุ่น
pocket wifi japan
เช่า  wifi ญี่ปุ่น
sim ญี่ปุ่น
sim japan